手洗い流水15秒で、菌やウイルスは1/100に

手洗いの時間による効果、意外と知られていないことです。

流水15秒手洗いで、ウイルスの残存率は約1%にまで減ります。

ウイルスは数で悪さをしますので、1%にまで減らせれば、汚染→感染のリスクは劇的に減らせます。

15秒手洗いを適宜(できれば1時間に1回以上)行うことで、充分コロナ対策になります。

積極的に手洗いをしましょう。

※感染症学雑誌のデータより転載させていただきます。

インフルエンザ対策】1分間の手洗いでウイルスが「10万分の1」に ...