【コラム転載】マスクで「肌荒れ」困った コロナ予防で増える炎症

マスクで「肌荒れ」困った コロナ予防で増える炎症

新型コロナウイルスの感染予防で手指消毒やマスク着用が広がるなか、肌荒れに悩む人が増えている。新規感染者が再び増えており、感染予防の取り組みはコロナ時代の新たな生活様式として今後も求められそう。肌に負担をかけず、無理なく対策を続けられるようにすることが大切だ。

「例年、春になって暖かくなれば肌荒れの患者数は減るはずなのに今年はむしろ増えている」。代々木上原皮膚科クリニックの竹尾千景院長は違和感を口にする。

今年の3月1日から7月7日までに、かゆみや乾燥など手荒れを理由に来院した患者数は前年の同時期の7倍超に膨らんだ。さらに、前年はわずかしかいなかった顔周辺や耳まわりの皮膚炎、ニキビによる患者数も今年は急増している。

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO61507490U0A710C2KNTP00/

 

手荒れの患者は(1)例年は春になると改善するのに症状が長引いている(2)春以降ますます症状が悪化している(3)これまで症状がなかったのに初めて受診した――の3パターンに分類されるという。顔周りの肌トラブルも含めて患者の話から浮かぶのは、マスクの頻繁な着用によって肌がこすれたり、手洗いや消毒回数が増えたりすることによるコロナの感染予防に伴う肌荒れだ。

コロナを含む感染症の対策では、一人ひとりのマスク着用を含むせきエチケットや手洗いが基本とされている。厚生労働省などによると、手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いで1/100に、せっけんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせるという。手洗いがすぐにできない状況ではアルコール消毒液が有効とされ、街中のいたるところに設置されるようになってきた。

以下略

(牛込俊介)[日本経済新聞夕刊2020年7月15日付]